40代前半 N様 舐め犬日記

今回は40代前半のN様とお会いした舐め犬日記です。

ご連絡を頂きやり取りを行うと、姫路の方で希望の日時を聞くと大丈夫でしたので、待ち合わせ場所を相談しました。

こちらで決めても良いとの事でしたので、

「何処がいいかな〜」

「駐車場が広くて、ホテルに近い場所は…」

メールを送ると、わかります!と連絡が有り指定した場所に来て頂く事に。

姫路はそこそこラブホテルが多く、しかも地域ごとに密集している事が多いです。

1店舗見つけると、ほとんどの確率で何店舗か並んでます。

ホテルが多い事もあり、男性向けの無店舗型のデリヘルなどは沢山ありますね。

ソープとか店舗型の風俗は、たぶん…無かったと思いますが…

「そう言えば、中心部に2店舗ぐらいあったかも」

姫路市から少し離れると、全く無かったりするので、そういう意味ではホテル探しにあまり苦労しないのかも知れません。

服装を伝えて店の入り口に来てもらうようにメールを送り、歩いて行く途中にトイレに行きたくなったので、場を離れようとすると、着きました!とメールがありました。

お知らせした場所に戻ると、いなかったので、

「あれ?帰ったのかな…」

しばらく待ってると1人の女性の方がこちらに歩いて来られ、服装を聞いていなかったので、

「この方かな??」

少しフリーズしてしまいましたが、名前を言ってくれたので軽く挨拶を交わし、ホテルに向かいました。

入室してから少しお話をして、先に準備をしましょうか!と言う事になり、終えてからベッドの方に移動へ。

深夜にご連絡を頂き、やり取りを終えてからブログを読んでくれてたらしく、怖い人だったり、何処かに捨てられたらどうしようとか、色々と考えていたみたいでほとんど寝れなかったらしいです(^^;)

「物騒な世の中ですからね、仕方ありません」

これまでも会った直後に、良かった!と安心してくれる方が多いのですが、

「やっぱり皆さん大なり小なり警戒されてるんですね」

ちなみに…自分も警戒してますよ!

どんな方が来るんだろうと!意味合いは少し違うかもしれませんが。笑

「一緒にするな!と言われそうですね」

それからも、脚を撫で撫でしながら、ひとりエッチをしたりするのか聞いたり、逝った事があるのかなど、お話を行いました。

ひとりエッチをよくされてる方は、刺激に慣れすぎているので、軽く舐めただけでは感度が上がって行かない事が多いと思います。

なので、はじめに聞いておいて、軽めだったり強めだったりの、一応…判断材料にしてるつもりではいるのですが、一概には言えないかも知れません。

「そろそろ始めようかな」

そう思い、脚の間に入りました。

太ももの内側から愛撫を行うと、感度は良さそうで、徐々に膣の方に移動しクンニを開始しました。

舌で小陰唇を広げるように舐めてから、クリトリスの方に。

クリトリスが小さめで、舌先でクリトリスをロックオンしよと試みたのですが上手く行かず、全体を舐めるように刺激を行いました。

「左右に舌を動かすといい感じかも」

しばらく続けていると、少しずつ動きながらいつのまにかベッドの端の方に移動してて、落ちそうになっていたので、一旦止めて元の位置へ。

それから指を入れてみる事になり、Gスポットを刺激しながら舐めていると、クンニだけしている時とは比較にならないぐらい愛液が出てきました。

「中の方が感じるのかな…」

なので、クンニを止めて指だけで刺激してみる事にしました。

指で膣の中を探索している最中に、Gスポットから離れた場所…上手く言えませんが少し奥の横側?を刺激すると、なんとも言えない感覚らしく、感じて頂いてるように見えました。

「ここはなんだ?」

女性の方も初めての感覚と言われていて、よく分からない場所です。

ポルチオはもっと奥なので違うと思うし、

「自分が知らないだけなのか…」

感じて頂けるならと続けている内に、手が太ももで挟まれた状態になり、気がつくとべッドの端に来てたので再び落ちそうに。

当初の位置辺りに戻ってもらい、クンニをしたりおっぱいを舐めてから、再びGスポットを刺激していると、反応が一段と大きくなりました。

「結構…強めかも」

痛くないか確認してから更に刺激を続けてるとストップと言う合図が。

多分逝ったとの事で、ぼーっとぐったりされてたのでクールダウンを行う為に一旦休憩を取り、意識が戻ってきた所でもう一度開始しました。

「今度は違う所から舐めて行こうかな」

そう思い、もう一度太ももから始めて膝を舐めてみると、意外にも気持ち良いらしく、裏はよくある話ですが、表も気持ち良いもんなんですね。

それから足元まで下がり、親指の横側や土踏まずの辺りを軽く舐めました。

再び太ももの辺りまで戻り、脚を撫で撫でしていたのですが、

「それにしても脚が凄くツルツルしてる」

頬ずりしたくなるような、モチモチしてて気持ちが良い感じとでも言えば良いでしょうか…

そんな話をしてから、今度はクンニで逝ってもらえればと思い開始しました。

続けていると腰を浮かした状態で太ももが締まり、全体を舐めやすくなった所で少し強めに舐めてみる事にしました。

「クリトリスをピンポイントで刺激しないと」

舌先でつるっとした場所を探っていると、やっと捉える事が出来ました。

しばらく圧を掛けて舐めてから、唇で甘噛みを行い、その状態から弾くと大きく反応がありました。

感度は上がってるようにも見えましたが、まだまだ足りない感じがします。

ひとりエッチの時も時間がかかると言われていたので、しばらく続けてみる事にしました。

「やっぱりGスポットを刺激しながらの方が良いのかも」

指を入れて続けていると、横向きの体勢になられたので、クンニを止めて指だけで刺激を行いました。

色々と動いている内に体が反り返り、いつのまにかバックの体勢に。

指の向きを変えて今度は下に押し付ける形になり、Gスポットを同じように続けていると再び絶頂を迎えられたように見えました。

今回も多分逝ったと言う感じらしく、息が荒くなっていたので休憩を取りました。

今何時だろうと時間を確認してからお知らせすると、用事がある時間に近づいていたらしく、帰り仕度を行い待ち合わせをした場所でお別れをしました。

2019061213113249b.jpeg

→人気ブログランキング

30代前半 M様 舐め犬日記

今回は30代前半のM様とお会いした舐め犬日記です。

姫路駅まで来て頂けるとの事で、お迎えに行きました。

以前は姫路駅の北側、姫路城が見える方も駅からすぐ出た所にロータリーが有り、一般車両も通れたのですが、今はバスとタクシーのみしか入る事が出来ず少し…不便です。

「一般車両は駅から少し離れた所に追いやられているんだよな〜」

と言いつつも、駅までは目と鼻の先ぐらいの距離らしく、そこまで不便さはないのかも知れません。

ですが、北側の駅周辺は未だに良く分からないので、いつものように南側で待ち合わせを行いました。

ホテルに着いて、入室してからお話をすると、興味はあったけどお願いするのも恥ずかしくて、今まで一度も本格的に舐められ事がないとの事でした。

それと、逝った事もないので自分でやってみようと色々と探っているうちにブログを見つけ、ご連絡頂きました。

舐め犬ブログを見つけてから、すぐ決断とは行かずに色々と葛藤があったみたいですが、お会いすると安心して頂けたようで良かったです。

「見ず知らずの男と会ったその日にホテルに入る訳ですから、不安もあるはずです。」

準備を行いベッドに移動してから開始するのですが、その時にリラックスしているかしていないかは、何となくですが伝わってくるものです。

当然です!何をされるか分かりません。

「何もしませんけどねΣ(-᷅_-᷄๑)」

言われた事や望まれている事をするだけです。

「あっ!触ったり舐めたりは…100%します。笑」

しばらく雑談している中で、エッチをする際に、おっぱいは何も言わなくても舐めると思うのですが、性器をスルーしちゃうのは何故なんだろう…と言う話題に。

世論調査によると、クンニが好きな男性はほとんど!みたいな結果が出ているので、もしかすると我慢しているだけかも知れませんね。

「自分も女性はクンニが特別好きな訳でもなんとも無いと昔は思ってたので」

なので、お願いすれば喜んでしてくれるのではないでしょうか。

そろそろ始める事になり、緊張されていたのでうつ伏せになってもらいました。

それから太ももの裏側をまんべんなく唇で甘噛みするように行った後に、膝の裏に軽く舌を這わせました。

反応があったのでしばらく続けてからガウンを少し捲り、お尻も同じように唇で甘噛みしながら腰の辺りまで移動しました。

仰向けになられたので、お腹周りからおっぱいの辺りまで指先で撫でているとガウンのボタンを外されたので、

乳首周辺を指で刺激してから口に含み、舌先で円を書くように舐め、反応を見ながら最初は触れるか触れないかぐらいの強さで舐めてから徐々に力を入れて行きました。

「そろそろ脚の間に入ろうかな」

太ももの内側から徐々に膣に近づいて、舌をつけると充分濡れていましたのでクンニを開始しました。

舐めているうちに小陰唇が開いていき、形が整って来たのを舌で確認してからクリトリスに舐めると既に大きくなっていたので、下から上へと弾くようにすると、ビクッと身体に反応があります。

「この舐め方が良いのかも」

少しずつ舌の動きを早め身体の動きに合わせるようにクリトリスを刺激し、感度が高まるまで続けていると、途中で逃げられてしまう事に。

「いい感じに感度が上がってきたようにも見えたんだけど…」

初めての感覚で怖くなってしまったみたいですね。

どんな感じか聞くと、乱れてしまいそうな…漏れそうな…とにかく変な感じだそうです。

「これまでも、逝った事が無い方は同じような事を言われてたような気がします」

大丈夫だから!と言っても、クンニをして逝くキッカケをただ作ってるだけに過ぎ無いもんね。

「いまいち説得力に欠るのが辛い…」

女性の方が言うのならともかく、男性に何が分かるねん?って感じでしょ。笑

男性みたいに分かりやすい射精も無いし、本人が逝ったと言えば逝ってるし、逝っていないと言えば逝っていない訳で、逝く感覚の定義は人それぞれ曖昧で、本人ですら上手く説明出来ない事がほとんどだと思います。

あくまでもこうなったら逝ったと思うよ!ぐらいでしか言えません。

「逝く事についてどう説明すれば良いのか…」

とりあえず逝く寸前の感覚に慣れてもらう為に、感度が上がってくると合図してもう事にしました。

同じようにクリトリスを舐めてから、合図があると一旦止めて膣の方に移り、落ち着いた所で再びクリトリスを刺激し、それを何度か繰り返してみました。

一旦休憩を挟み、お話をしてからもう一度挑戦してみると言われたので始める事にしました。

「今度こそ逝ってもらえるように」

逝きそうになると手を握る事にして、逃げても続けてくださいとの事でしたので、再び軽く舐め始めました。

しばらくすると手に力が入り、そろそろかなと言う所で、

「ここは一気に刺激した方が良いのかも」

そう思い口を密着させて逝って頂く為の舐め方に変更しました。

身体に力が入り動き出したので、離れないようにここぞとばかりに刺激していると、ガクンと腰が落ち、その後もピクピクされていたので逝ったようにも見えました。

「反応は逝った感じがしたんやけど、どうなんだろう…」

しばらく横向きで放心状態になられていたので、ハグを行い身体を撫で撫でして、息が整ってから話を聞くと、これが逝く感覚なのかと実感出来たし、たぶん自分でやってても途中で止めてたと思うので、誰かが側に居る事の安心感はありますよねと喜んで頂きました。

最後は半ば強引に行いましたが、なんとか逝って頂くことが出来て良かったと思います。

20190609000701c80.jpeg

→人気ブログランキング
プロフィール

ひめけん

Author:ひめけん
年齢:アラフォー
身長:170cm
体重:67kg
結婚歴:独身
柔軟に対応致します。
当日でも対応可能な場合がございます。
ブログ以外での募集は行なっておりません。

最新記事
カテゴリ
全記事リスト一覧
リンク
アクセスランキング
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
予定表
平日昼間不可
ご依頼お問い合わせフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

女性向け動画集
女性向けおすすめリンク集
女性向け性感/相互リンク
舐め犬ブログ/相互リンク